人・爛漫酔いしれて・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたを今も恋しがる…坂本冬美「女は抱かれて鮎になる♪」

<<   作成日時 : 2016/12/19 20:32   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


坂本冬美さんを一言で言うならば、清潔感あふれる艶っぽさ。
彼女の声も雰囲気も曲も大好きですが、今回の曲も彼女らしいなあと思います。


画像


「女は抱かれて鮎になる」なんてタイトル、坂本冬美さんでなければ許されない!(笑)
作詞家・荒木とよひさ、作曲家弦哲也のゴールデン・コンビが表現した坂本冬美像、さすがです。


画像


女のかわいらしさと切なさが「鮎」になって跳ねてる曲に、頑張ってトライしました。





歌詞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
三の君さん、こんばんは!
坂本冬美:「女は抱かれて鮎になる」は聴いたことがあります。
今年の日本レコード大賞・優秀作品賞の曲なんですね〜
しかし、歌詞と曲調が森新一の「北の蛍」と石川さゆりの「天城越え」を思い起こさせますね〜
当方は釣りはほとんどしたことが無いのですが、『鮎』と言う魚は清流に身を躍らせて太陽にその銀鱗を反射させる姿は実に美しく、「清流の女王」と呼ばれるとの事ですが、そんなピチピチの時代は遥か彼方です。
三の君さんのステキな歌唱で、遥か昔に帰ることにしましょう!
ありがとうございました。
のほほ〜ん
2016/12/19 20:59
三の君さん こんばんは〜
今日はなんだかまた夏に戻ったような...26度まで気温が上昇....クリスマスまであと少しなのにこの暑さには...ふえ〜ビックリポンでした。でも3日後には寒くなる予報とのこと...クリスマスらしくなるかな...でもこちらは雪など降りませんのでツリーに綿をふわふわ置き飾ります..あは...おっと!失礼しました。
本題に入ります。
おおーー今回は坂本冬実さんの歌ですね
坂本さん紅白28回目出場決定しましたね。おめでとうと言いたいです!

三の君さんの前説の通り坂本さんは清楚感とあふれる艶っぽさのある素敵な方ですよね。
あといつも凛とした姿勢も素敵だなと思います。
演歌は最近下火になっているので頑張ってほしいですね。
この歌は テレビドラマ 神の舌を持つ男 の主題歌とのこと...見てませんが...
可愛い女性の切ない気持ちがびんびん伝わってきます〜
うっとりしました。
今回も素敵な歌をじっくり聞かせてもらいました。素敵です。
ありがとうございました。
はつ
2016/12/19 22:30
素敵な歌唱に聞き惚れ〜。ありがとうございますましたー。


2016/12/20 11:31
アップとほぼ同時くらいにコメントを寄せていただき、驚きました。
こちらも聞いていただき、ありがとうございます。
私の故郷には天竜川がながれていて、「鮎」解禁の時期となりますと、川の両岸に釣りを楽しむ人で連日大混雑。
我が家でも毎日のように鮎の天ぷらが続き、もういい〜〜〜と子供心に思った記憶があります。
「鮎」のイメージは生き生きと、若々しくいいですね。
冬美さんのイメージにお似合いだと思いました。
のほほ〜んさんへ…三の君
2016/12/20 20:05
クリスマスには雪が似合うというのはお決まりのことですから、暖かい地域での雰囲気はいまひとつかもしれません。^^
今回の曲、素直でかわいらしい女性の姿が浮かんできますね。
いいなあと思いつつ、ちょっと私の声ではかわいらしさが出ず無理がありましたが、歌ってみました。^^;
いつもありがとう〜〜〜〜
はつさんへ・・・三の君
2016/12/20 20:36
いつも聞いていただき、ありがとうございます。
↑と一変して、幸さんのところでは雪景色でしょうね。

冬の生活そのものの雪ですから、めでるなどと悠長なことばかりではないと思いますが、どうか風邪などひきませんように、元気にお過ごしください。
幸さんへ・・・三の君
2016/12/20 20:40
三の君さんおはようございます
昨日は出掛けていて帰宅が遅く成り今朝聴いてます
三の君さん素適な声で…いいですね〜弦哲也の作曲の
「女は抱かれて鮎になる」あの清流を上る艶やかな鮎
それでいて縄張り意識の強さがある鮎
敵を観れば攻撃を仕掛けるとも釣りはその習性を利用して
いますね〜鮎は釣ってよし食べてよし
作詞家の荒木とよひささんがその情景を詞に起こし大人との
繋がりを表していますね…その心を三の君さんステキに艶の
ある声で表現して唄われお見事ですとてもステキでした。
押し迫り時間があったらUPお待ちしています。
コスモス1
2016/12/21 05:55
おはようございます!三の君さん^^

この曲のタイトルは知ってました!が
初聴きです♪
荒木さんの想像、妄想は何処まで!と思うような詞ですね。
鮎は大好き!姿形良し、味良し、
出先で鮎があれば必ず頂きます。
夫は釣好きですが残念ながら海釣りなんです、
三の君さんもお魚にたとえたら
鮎のような三拍子揃ったイメージです^^
いつもながら心地よくお聴きしました^^
yun
2016/12/21 10:32
おはようございます。
今朝は曇り日、冷え込みもきつくてなかなかこたつから出られません。^^;
荒木さんの枯れることのない、みずみずしい歌詞表現はビジュアル的にもお年を感じさせないところから察するに、あらゆる才能を豊かさにお持ちなのだなあと…言いたいことが明確に言い切れない、芸能記事でもあるまいし^^;
「鮎」なんて表現、若々しくて初々しくていいですよねえ。
はるか昔の飛び跳ねてた時代が懐かしいです。(笑)
ありがとうございました。
yunさんへ…三の君
2016/12/22 09:11
コメント返信が順不でm(_ _)m
毎年の年の瀬思うこともまた同じで、何やらし残したことを思って心だけばたばた。
精力的に多方面で活動されているコスモスさんは、すごいなあと思います。
今年は私にもいろいろと変化のあった一年で、考えさせられることにもぶつかりました。
「ああっ、すっきりした!」と感じられることもぐっと減り、悪い意味ばかりではありませんが、受容と妥協、折り合いをつけて…ということも増えました。
しかしそこは寛容と達観(ええかっこしいは無理かも^^;)でもがきながらでも行く努力をしたいと思います。
コスモスさんのパワーをいただきます!^^
ありがとうございました。
コスモスさんへ…三の君
2016/12/22 09:50
続いて聴かせていただいてます

艶っぽい〜
思わず、口に出てしまいました
この歌は、歌部屋でもたくさんお方が歌われてました
三の君さんでも、お聴きできてラッキーでした
ももこ
2016/12/30 06:39
艶っぽい〜〜〜!?
むふん!ですわねえ。
遅まきながらの冬美さんのこの曲でしたが、熟女には失われた!!!???「跳ねる鮎」に挑戦。干物になったかも!(爆笑)
コメントありがとう〜〜〜これからもずっとよろしくね。
ももちゃんへ…三の君
2016/12/30 08:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
あなたを今も恋しがる…坂本冬美「女は抱かれて鮎になる♪」 人・爛漫酔いしれて・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる