人・爛漫酔いしれて・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 切ない恋歌…小椋桂「揺れるまなざし」&「少しは私に愛をください」

<<   作成日時 : 2017/06/11 19:46   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 16

いよいよ迎えた梅雨の時期に、何やらさわやかにも聞こえる小椋桂さんの2曲を取り上げてみました。

画像



小椋桂さんは73歳。
私の長姉と同じ年齢です。
最近お見かけしたライブ映像では、さすがにだいぶお年を召されたなという印象でしたが、今回のアップで改めて彼のプロフィールを検索したところ、東大法学部、エリート銀行員が忙しい仕事と並行させつつ、シンガーソングライターとして、作詞作曲歌まで歌っていたという・・・スーパーマンみたいな経歴の持ち主です。
しかも爆発的なヒットとなった「シクラメンのかほり」(1975)、中村正俊さんの「おれたちの旅」梅沢富男さんの「夢芝居」そして美空ひばりさんの「愛燦々」などなど、今回アップの「揺れるまなざし」も真行寺君枝さんの魅力をあますところなく引き出した1976年資生堂・秋のCM曲として、世に広く「小椋桂」という名を知られるヒットとなりました。


画像



「少しは私に愛をください」の歌詞は、心こがすほどにいとおしく思っても、冷たくする相手に切々と訴えるけなげな女心が表現されていますが、検索していて興味深い裏話を見つけました。
実際のところは、勤務していた銀行が合併され、当のご本人はどちらかはわかりませんが、勢力争いで冷や飯を食わされるほうの立場となったサラリーマンの悲哀を込めた歌だと!?
作詞の心情も正攻法ばかりとはかぎらないということですねえ。


画像





歌詞




歌詞


私の声は小椋桂さんなどの澄んだ声質とはまったく異なりますので、なるべくシンプルな歌唱を心がけました。^^;
(今回はユーチューブにアップされている音源からお借りしました。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
三の君様、今晩は、
歌唱お聴きして私も
小椋桂さんもっと深く
注目しないといけないなと
思いました、
味わい深い内容の歌が多いですものね
難しそうでもありますが
三の君様何時もの歌唱より
確かにシンプル歌唱バッチリ
マッチしてます、私の中で器用な
三の君様がまたまた浮き彫りになりました
ありがとうございました。
コルトプラス
2017/06/11 21:55
早速お聞きいただき、ありがとうございます。
聞きなおすと梅雨の晴れ間のさわやかさを感じて歌ったはずが、シンプルでも梅雨時の重さのほうへ行ってしまいました。^^;
もっとさらっと歌うべきなのに、発音も難あり、練習不足でした。(汗々)
また頑張ります。^^

コルトプラスさんへ・・・三の君
2017/06/11 22:54
三の君さんおはようございます
美空ひばりの愛燦燦を唄った時に作詞作曲されたのが小椋佳
さんだったので興味があって少し調べたら元銀行員だったとか
本人もどんな歌を唄っているのか色々調べたら素敵な歌唄って
ますね〜三の君さんとてもステキでしたよ2曲とも…
「揺れるまなざし」こちらは初聴きです難しかったでしょう
「少しは私に愛を下さい」は少し練習したが諦めて違う彼の
歌を録音してあるので次にUPします演歌と違って発声が
難しいですねでも素敵でした。
コスモス1
2017/06/12 05:08
こんにちは、
一見シンプルに見えて、それは簡単とかイージーさとは別物だとの認識を新たにした曲でした。(苦笑)
言葉を綺麗に発音しないと行けないし、切なさもさら感を残しつつ表現されるべきたぐいの曲調だと感じました。
また自分なりに歌いなおしてみようと思います。
ありがとうございました。^^
コスモスさんへ…三の君
2017/06/12 11:02
小椋さんの歌、大好きなので興味を持って拝聴しました。しっとりと、じんわりと心に染み入る歌声がとても素敵です〜。ありがとうございました。

2017/06/12 15:29
小椋さんお好きでしたか!
ああ〜〜もっと練習してから聞いていただければよかった!(笑)
そちらには梅雨がないとお聞きしてます。
一斉に花々も開花を続け、華やかな景色に包まれているんじゃないでしょうか?
こちらは紫陽花やユリに季節を迎えました。
お聞きいただき、ありがとうございました。
幸さんへ…三の君
2017/06/12 15:49
三の君さん こんにちは。
紫陽花が咲くと梅雨の季節。綺麗な紫陽花のお花に目が留まりました。見ているだけで気持ちが晴れ晴れとします。

小椋さんの歌 めまい が大好きでよく歌います。
この2曲はまだ挑戦してませんが素敵ですね。
でも難しそうですので三の君さんの歌を手本とさせていただき歌ってみようかなと思ってます。
しっとりと歌われてて魅力的でした。
めだか
2017/06/12 17:19
今晩は!三の君さん^^

今回の2曲、とても興味深く拝聴しました。
小椋桂さん、最初の曲はお初でした♪
詞、メロディー共に個性が光り
歌唱が難しいと思うのですが
一気に三の君さんの世界に入り込んでいました^^
いい歌お聴きしました^^
yun
2017/06/12 20:49
めだかさんは「めまい」がお好きですか?
今回選曲するにあたって、それを含めて3曲の中からどれにしようかと・・・選んだ2曲でした。
綺麗な旋律が小椋さんの深く澄んだ歌声で語るように歌われて・・・
ちょっとハードルが高かったというのが実感ですが、心が現れる気がした今回でした。
ありがとうございました。
めだかさんへ…三の君
2017/06/12 21:13
はい、淡々と…シンプルに聞こえながら、しみじみとしみこむんで来る心地よさ、清潔感のある雰囲気がとても素敵だと思いました。
やはり小椋ワールド、いいですね。
お聞きいただき、ありがとうございました。
yunさんへ…三の君
2017/06/12 21:18
おはようございます〜三の君さん〜
「揺れるまなざし」はいつもの三の君さんの
声をグット抑え流れるような歌唱に感動!

「少しは私に愛をください」 は三の君さんの
私の好きな独特の声を入れながらそれでも
流れるような小椋桂さんの歌の良さを引き出して
いますね。
聴き入りました。
小椋さんはこの前テレビで拝見し
いつもの姿で自分の最後の演出を
していました。
73歳、同じ年なんだな〜と
そんなことを思い出しながらお聴きしました。
やはり三の君さんの歌唱は素晴らしいし
曲の選び方が素晴らしい!!
良い歌を聴かせていただきました
ありがとうございました。



キリコ
2017/06/13 04:44
こんばんは。
霧子さん、私の長姉と同じお年、優しく妹分に甘いログです、でも嬉しい。^^
小椋桂さんの雰囲気もそうですが、生き方においても達観されたものがあるのか、存知あげているブログメンバーも同じく、みな優しく元気に歌ってらっしゃいます。
次は何を…と期待してもらって、それを励みにまた楽しく歌います。
霧子さんも元気な歌声、お願いします〜〜〜
霧子さんへ…三の君
2017/06/13 18:03
三の君さん 超お久しぶりです。お元気でますますのご活躍、うれしい限りです。
2曲拝聴いたしました。歌部屋での選曲とはまた違った曲で、三の君さんの幅広いジャンルにまたまた感心しております。
聞くほどに三の君さんの世界に惹きこまれてしまいました。どんな曲も三の君さんの味わいを引き出しているのはやはり曲をかみ砕いて自分のものにしているからなのでしょう。それはまた三の君さんの造詣の深さを示しているものなのだと納得です。
パスワードや、IDまで忘れてしまってログインさえできなかった長い時間でした。
どうぞ、また素敵な歌をアップしてくださいね。聴きにお邪魔いたします。
すずめ
2017/06/20 13:36
まあ^^すずめさん!
お聞きいただき、恐縮です。
清潔感のある小椋佳ワールドですので、厳しいなあという思いつつ、またいつものことで歌ってみたい気持ちやみがたし!ということで、私としては少しでも雰囲気は残したいと思いながら歌いました。
ありがとうございました。
すずめさんへ・・・三の君
2017/06/20 17:46
三の君さん、こんにちは!
お忙しいのでしょうね。頑張ってください!
小椋桂:「揺れるまなざし」と「少しは私に愛をください」を拝聴しました〜
彼の歌を聴いていると、その情景と奥行きが感じられますね〜
♪〜あのまなざし揺れて眠れない なんて素敵ですね!
そして、また
♪〜あなたの心の ほんの片隅に
  私の名前を 残してほしいの  
もいじらしいですね!
三の君さんのこの2曲を六月の雨の日にじっくり聴くと、心に沁みますね!
ありがとうございました。
のほほ〜ん
2017/06/26 12:21
体がよく動くシーズンになりました
のほほ〜んさんこそご夫婦そろって、楽しい忙しさに追われる毎日ではないでしょうか!

ちょっと重たく感じる雨のシーズンにこそ、小椋佳さんの透き通る曲をと思いついて歌いましたが、異なる声質の私では、歌も・・・^^;
でも少しでも近づけるように歌ったので、いただいたコメントは嬉しかったです。
ありがとうございました。
のほほ〜んさんへ・・・三の君
2017/06/26 15:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
切ない恋歌…小椋桂「揺れるまなざし」&「少しは私に愛をください」 人・爛漫酔いしれて・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる